Ry0 Note

技術系SONEノート

EC Technology 12000mAh モバイルバッテリーのレビュー

ポケモンGOユーザーさんも安心の大容量

本日は容量大きめのモバイルバッテリーの紹介です

お久しぶりです。

しばらくブログの更新を行っていなかったのですが、 EC Technologyさんから、「EC Technology 12000mAh モバイルバッテリー」を提供していただいたのでレビュー記事を書きます。

最近はブログの内容もマンネリ化しているのでゲスト(研究室のとなりのやつ)にも頼んで感想を書いたので、 その内容も参考にしてみてください。

開封

いつも通りのパッケージ内容なので簡単に。
必要最低限の説明書、 充電用のUSBケーブルが同梱されています。

本体

本体の表面はマットな感じでさらさらしています。 持った感じはさすが12000mAhという感じでずっしりくる感じ。

充電用の端子はUSBコネクタ×2と最大3A出力可能なType-Cポートを搭載しています。
また面白いのがこのType-Cポート。 最近発売されているMacではType-Cポートが当たり前になってきているので、 重宝するのではないかと思います。
ただし私はType-Cポートが搭載されたMacを持っていないので検証できていません。 すみません。

充電

バッテリー自体の充電は充電用のmicro USB端子かType-Cポートから行います。

Type-Cポートは入出力が同じポートからできるので優秀ですね。

充電中の度合いもLEDで確認できます。

出力チェック

今までレビューしたモバイルバッテリーは小型のものが多かったですが、 今回は大型ということでiPadを充電してみました。

全く問題なし!!

複数デバイスの充電ももちろん可能です。

実際に持ってポケモンGOをしてみた結果

ポケモンGOに使うといいのでは?と思いましたが、 私はポケモンGOをしていません。
なので研究室のとなりの人にバッテリーを貸して、 検証してもらいました。 下の文章が使ってみた正直な感想とのことです。

本商品の手触りはなかなかのものである。
実際に本製品を携帯しポケモンGOをした結果を以下に示す。
まず携帯方法として、①ポケットに入れると②バッグに入れるが考えられる。
ポケットに本製品を入れた結果、そこそこのサイズ感と重量感から、入れたほうが垂れてしまいだらしなくなる。
したがってバッグの中に入れることを推奨する。
筆者のおすすめはウエストポーチの中に入れて、そこそこ長めのケーブルで充電し続けることだ。
こうすることで、快適にポケモンGOをプレイしつつ充電できる。
本製品の特筆すべき点として、
容量は12000[mAh]もあるので、一日中ポケモンGOをしても大丈夫である。
また、ポケモンGOに限らずバッグの中に入れておけば充電し忘れた日でも安心である。

まとめ

今までのモバイルバッテリーではなかなか見られなかったType-Cポートが搭載されているので、 非常に興味深いモバイルバッテリーでした。
Type-Cに対応した端末、 PCをお持ちの方にはよい選択肢なのではないでしょうか。 USB Type-CはAppleのLightingコネクタと同じように裏表関係なく接続できる形状をしているので,もっと普及してほしいと思います。

ポケモンGOのヘビーユーザーにも納得のバッテリー容量なので、 とにかくスマホのバッテリーが減って減って仕方ないという方にもおすすめです。

ブログの更新が最近本当に減ってしまったので、 徐々に戻していきたいと思います。 ネタはちょっとずつあるんですけどね…やる気が…がんばります!!!