Ry0 Note

技術系SONEノート

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホンのレビュー

iOS、Android、OKの高機能なワイヤレスイヤホンです

リモコン一体型ワイヤレスイヤホンの紹介

この度、いつもお世話になっているEC Technology社様から、「iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン 密閉型 ランニング仕様 マイク内蔵 磁気吸引機能付き ブラック&レッド」という商品を提供して頂いたので、レビュー記事を書きました。
EC Technology様、この度もお声を掛けていただきありがとうございました。

今日はBluetooth対応のワイヤレスイヤホンの紹介です。
ワイヤレスかつ曲送りや音量調節ができるリモコンがついていたり値段の割に高機能です。低価格帯のワイヤレスイヤホンをお探しの方にはピッタリの商品なので、ぜひ一読ください。

パッケージ

EC Technologyの商品では定番になっているシンプルなパッケージです。

説明書も各言語で記述されており、当然日本語のページもあるので安心です。

箱を開けると、丁寧に梱包された本体が登場。シンプルなパッケージながら見せるところはしっかり綺麗に見せるパッケージが好印象。

他にもイヤーピースが多数入ってました。これだけ入っていたらおそらくしっくりくるサイズのものが見つかるでしょう。 あと写真にはありませんが、充電用のUSBケーブルが入っていました。

イヤホン本体の外観

次に本体の詳細を見てみます。
赤と黒を基調としたデザインで、個人的には赤が好きなので、このデザインは好きです。
本体の黒の部分も決して安っぽくない質感で良いと思います。

コードは平たい、きしめん型で極力、絡まりにくい工夫がしてあります。
またイヤホンのおしり同士が磁石でくっつけることができます。そこまで磁力は強くないですが、カバンの中で収納しておくときなど、バラバラにならずに済みそうです。

そしてリモコン部分。曲送りや音量調節、電源ボタンなどが兼ねられているファンクションボタンなど3つのボタンで構成されています。
実際に装着してみた感じだと、もう少し下の部分にこのリモコンがあってもよかったなと思います。リモコン部分が宙に浮いている状態になるので装着している方の耳に重量を感じます。

実際に繋いでみた

現時点での最新版のiOSとAndroidで接続を検証してみました。
どちらOSの場合も初めてペアリングする場合は、中央のボタンを電源オフの状態から3秒以上長押しします。 赤と青の点滅が始まったらペアリングモードになってます。

まずはiOS

iOSで接続するといいのが、イヤホン自体のバッテリー残量が確認できる点です。通知センターでもしっかり残量を確認することができるので安心ですね。
一度ペアリング設定をしてしまえば、ワイヤレスイヤホンの電源を入れるとすぐに携帯側が反応して接続されたので、そこらへんのレスポンスも悪くないと思われます。

続いてAndroid

iOSと同じ要領で接続します。Galaxy S6 edgeではiOSのようにイヤホン側のバッテリー残量を確認することはできませんでした。 アプリとかを使うと表示できるのかな。接続自体は全く問題なく、どのボタンもしっかり機能しましたよ。

使ってみた感想

音の感想はどうしても主観ですので、あまりしたくなんですが少しだけ。値段相応だと思います。低音重視な音だと感じました。無線だからといってノイズが常に走ることはありませんでした。無音時にはホワイトノイズが少し聞こえるな程度です。

Amazonのレビュー欄で他の人も言っていましたが、この商品はLeftとRightの印字と実際に出力されている音声が全く逆です。 ほぼ完璧な商品なのにもったいない。幸いにも左右対象デザインなので気をつけて装着しさえすれば、逆に装着しても全く問題ないです。

Amazonの商品説明欄にはランニングの用途と書かれていますが、普段の生活使いでも問題ありません。家で寝転びながらYoutubeを視聴したり、庭先で作業しているときにも煩わしいケーブルを気にすることなく過ごすことができます。

おわりに

今まではずっと有線で音楽を聞いていました。どうしても無線だと音質が悪いイメージがあったからです。しかし最近では安価で普通にいい音で聞こえるワイヤレスイヤホンが増えてきました。
今回紹介した商品も低価格で最低限の操作を耳元で操作できるのでいいですね。残念ながら試せてはないのですが電話の応答もこのイヤホンを介してできるようなので非常に多機能です(電話を掛けてくれるひとがいない…)。

イヤホンの右左の印字が逆という欠点を除けば、必要な機能はすべて備えているのでBluetoothのイヤホンはどんなものか試してみたい人にもおすすめな商品です。